ALOHA AND MAHALO

OLみぅの Hawaiiと育児と英語のお勉強 を綴ったブログ

英語の記事を翻訳してみた(息切れw)

こんにちは!みぅです。

英語のお勉強になれば、、、と大好きなハワイのニュース(コラム?)を翻訳してみました。

 

でも、一回やってみてわかったこと。

 

これ、続かないわ笑

 

時間かかるし、日常会話に役立つ表現以外も翻訳する必要があるので、ちょっと無駄になるかも・・・。

でも、自分に向かない勉強法だとわかっただけプラスかな(前向きw)

 

では記念すべき、最初で最後(?!)の翻訳を記事にしてみましょう!

 

Riding TheBus has on its perks.

引用元:HONOLULU MAGAZINE
http://www.honolulumagazine.com/Honolulu-Magazine/May-2018/Afterthoughts-The-Regulars/

It finally happened: After years of cheating the system, I missed the bus on my way to work one morning. Three times.
それはついに起きた-
システム不具合の数年後、ある朝私は通勤中にバスを乗り過ごした。3回も。

【cheat】=《名》カンニング、不正、詐欺師 《動詞》裏切る、カンニングする、不正をする 

Most days, I’m running late; if I miss the bus at the stop outside my house, I have to hop in my car, take a shortcut to another bus stop a few miles away and park on the street. If I’m super late—I’m just not a morning person!;there’s one more shortcut I can take from there to catch up with the bus and get on before it merges onto the highway. I missed them all. Damn it.
たいてい、私は遅刻気味である。近所のバス停で乗り損なったら、自家用車に飛び乗って、数マイル先のバス停に先回りし、車は路上に駐車している。もし、かなり遅刻していた場合は(私、早起きが苦手なんです・・・)、バスに間に合う近道が更に一つあるので、それを使ってバスがハイウェイに乗るまでにバスに飛び乗っている。しかし、私はこれらの手段を使ってもバスに乗れなかった。ちくしょ。

【hop into~】= ~に飛び乗る。~に取り掛かる。
【take a short cut】=近道をする。
【not a morning person】=朝が苦手。*night owl=夜型人間 *early bird=朝型人間


I’ve been a bus rider since I was in second grade, when I moved to Hawai‘i Kai mid-school year while still attending ‘Āina Haina Elementary. As a teenager, my life revolved around the bus: If it didn’t go somewhere, neither did I. Even though I own a car now, I still prefer the bus for my daily commute, along with plenty of students, professors, tourists, nurses, cooks, editors like me and folks pretty much everywhere.
まだアイナハイナ小学校の付属だったハワイカイ中等部へ転入した2年生の頃から、私はバスを利用していた。10代の子にとって、バスは生活の中心だった。もしバスがどこにも走らなければ、私もどこにも行けない。今は自分の車もあるけれども、今でも通勤するなら、大勢の学生、教授、観光客、お医者さん、コックさん、私のような編集者、そしてどこにでもいるような一般人と一緒にバスに乗るほうが好き。

【revolve】=回転する。循環する。~を中心題目とする。
【along with~】=~と一緒に、~に加えて
【plenty】=豊富、大量
【folk】=(特定の)人々、みなさん、家族 

A lot of people think the bus is inconvenient, slow, gross or only for people who don’t have cars. Sure, I’ve had to move seats because of roaches, leaking windows, weird smells, too-cold AC vents or too-hot engines in the back. Sometimes people sit too close to me or put their bags on top of mine, even though there’s plenty of space on the other side, thank you very much.
多くの人々がバスに不便さを感じている。遅いし、不快だし、車をもっていない人のためにあるような感じだし
確かに、私も、Gや、窓からの雨水や、異臭や、利きすぎた冷房や、後部座席の熱すぎるエンジンのせいで席を変えざるを得なかった。ときには、やらた接近して座ってくる人もいたし、ほかにも空きがあるのにご丁寧に私の頭上に荷物を置いてくる人もいた。

【roach】=G
【wired】=異様な、奇妙な
【AC vent】=空調機


But for the most part, those things don’t bother me. Taking the bus saves me thousands of dollars in gas and parking each year and actually gets me to work faster than my co-workers who can’t use the HOV lane. It’s totally worth it. Time that other people lose sitting in some of the nation’s worst traffic, I spend reading books and emails, catching up on social media, napping or getting work done.
だけど大抵のことは気にならなかった。バス通勤のおかげで多額のガソリン代や駐車料金を節約できたし、HOVレーンを利用できない同僚よりも早く仕事に取り掛かれた。バス通勤は総じて価値があるものだ。車通勤の人々が渋滞に費やしている時間を私は読書やメールチェック、SNSの閲覧、うたた寝、仕事に充てられる。

【HOV lane】=High-Occupancy laneの略。規定人数以上が乗車している車のみ走行可能な車線。相乗りを推進することで車の数を減らし渋滞を緩和させている。
【nap】=居眠り、昼寝


My favorite morning activity, though? People watching. I usually sit in the back, so I recognize the other downtown workers who forgo cars as well. I make up stories about them based on what they wear, what they carry, where they get on, where they sit. It’s fun to imagine what they do for a living, and what their home lives are like. (God forbid I actually try to make small talk with anyone before 8 a.m.) I set up these stories so elaborately that it’s jarring when I see fellow passengers out of context, even if they’re just walking down Fort Street Mall to grab lunch. When I recognized a woman from the bus at my brother’s wedding, I couldn’t understand what she was doing there. I thought for a split second she was a ghost following me around. Turns out she was his friend’s mom.
私のお気に入りの朝の過ごし方?それは、人間観察だ。私は普段後部座席に座るようにしている。なので、同様に車なしで通勤するダウンタウンの労働者を観察できる。私は、彼らの服装や荷物、どこから乗車したかに基づいて、彼らにまつわるストーリーを作り上げる。彼らが生活のためにどんなことをしているのか、彼らの暮らしがどんなものかを想像するのは面白い(神は、午前8時前に他人の物語を作ることを禁じている。)。私はこれらのストーリーをとても精巧に作り上げるので、彼らがランチをしにフォートストリートモールを歩いているだけでも、彼らが文脈から外れて行動しているのを見ると違和感を感じる。私の兄弟の結婚式の際、ある女性をバスで見かけたとき、私は彼女がそこで何をしているのか疑問だった。一瞬、彼女は私に憑りついている幽霊なのではとも思ったが、兄弟の友達のお母さんだとわかった。

【recognize】=認知する。わかる。
【forgo】=~なしで済ませる。見合わせる。
【elaborately】=入念に
【context】=前後関係、文脈、状況
【fellow】=やつ。男。(話し手の)自分。(主に男性の)仲間。
【jar】=≪自動詞≫食い違う。がたがた震動する。(耳・神経に)障る。≪他動詞≫を震動させる。≪名≫雑音。震動。口論。壺。
【a split second】=一瞬



Bus riders are part of their own little community. It’s more than just a smile and a nod when you get on, or holding the back door open for the person behind you. It’s the silent friendships people develop as they wait together at the same stop; the shared experience that turns into a genuine bond. One day, a regular rider asked the driver to wait a minute, because he saw another regular parking nearby. I doubt he even knew her name.
バスの乗客達は、彼らにとっての小さなコミュニティである。その関係は、乗車した際や後から乗る人のためにドアを開けて待ってやったりした際に、微笑んだりうなずいたりするだけではない。同じバス停でバスを待っている際に築き上げる静かな友情である。そしてそれは同じ時間を分かち合うことで、真の絆に変化するのだ。ある日、一人の男性の常連客がドライバーにちょっと待つよう頼んだ。女性の常連客がバス停へ走ってくるのを見つけたからだ。私は、彼は彼女の名前すら知らないのでは?と思った。

【nod】=承諾してうなずく。居眠りする。
【genuine】=本当の。正真正銘の。
【turn into~】=~に変わる。~に向ける。

When regulars disappear, I wonder where they go. Did they retire? Get a new job? A new car? Did they move? Did they die? And I wonder, when I go for long periods without catching the bus, if they think the same things about me. Do they think I’m a world traveler who takes off for months to cover assignments in foreign countries? Or do they just look down at their phones, not even realizing the back corner seat has been filled by someone else?
常連客が姿を見せなくなると、彼らはどこに行ってしまったんだろうと考える。退職したのかな?転職?車を買った?引越し?それとも死んでしまったのか?と。そして、もし私が長期間バスに乗らずに過ごしていたら、彼らもまた同じように、私がどこに行ったか考えてくれるのだろうか。たとえば、私が海外で数か月研究を行うワールドトラベラーだと思っているとか。それとも、普段私がいる後部のはじっこの席が空席になっていることなんか気づかずに、スマホをいじっているのだろうか。

【assignment】=研究課題。(与えられた)仕事、地位。

I’d like to think they notice.
気づいてくれるといいな